スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

まだキルティング中&猫の歯肉炎にどうかしら?

(*^o^*)ノ”こんにちは!
今日は曇り空の寒い旗日となりました。早くポカポカと暖かくなって欲しいのですが、まだまだ先なのでしょうか。


キルティングも順調に進んでいますがまだ完成!!とはなりません。
今日は我が家の黒猫のたんごと一緒に(≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪
たんご0


・・似た症状でお困りの猫ちゃんの治療に参考になりましたら幸いです。・・

画像のたんごなのですが今年11歳になります。
歯のトラブルを抱えたまま神戸へ引っ越してきたのですが、とうとうカリカリ系のフードを食べた時に痛みが走ったのか「ギャ~」と言って逃げていったのです。
「急いで獣医さんに診ていただかなくては・・・!」

そこでお世話になりました横浜の先生からご紹介いただいた神戸の獣医さんに大急ぎで連れて行きました。
「歯肉炎」というお見立てでした。
私「治りますか?」
先生「この歯肉炎は治ることはないですねぇー 注射で痛みをとる事の繰り返しになりますね」

この注射は先生からの説明の通り、一月程で効き目が無くなり、ほぼ一月で痛がり出します。
この注射を二度ほどして頂いたのです。
成分は痛み止めで、猫の体にはかなりの負担になるそうです。(要するに寿命が縮まるということです。)

ある日先生からこんな提案が・・
「ちょうど良さそうなのが入ったのでたんごちゃんにどうかな?」
コレです
お薬6
成分は乳酸菌 
痛みを取るイワユルお薬ではなく、サプリ的なものでしょうか?
体の免疫力を上げて健康な体にして行き、結果として歯肉炎も改善されれば・・ミタイな治療だそうです。

注射をしていただくより遥かにこちらの方が良いですねぇ~。
注射からこちらの治療にしまして既に四ヶ月経ちましたが酷く痛がることも無く食事も出来ています(´・`*)>ホッ。

この小袋入りの乳酸菌は意外とお高いのですが毎日与えなくても良いとの事ですし、なによりあの痛がるたんごの姿を見ないで済むのならお高いだなんて言いません!!
お母さんの財布の紐も緩みま~す *^-°)v オッケェ~イ♪。


      ランキングに参加中ですclickしていただけますと幸いです
                     ブログランキング・にほんブログ村へ
                     ありがとうございました。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。