スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

油断大敵~後悔先に立たず~!であります~

こんにちは~快晴では有りませんが時折明るくなります~
そして外に出た瞬間モワ~っと熱気を感じます。


イタイ~~~~~~(≧0≦)・・!
すぐに傷口を消毒をしていればこんな事にならなかった筈~
    手が腫れた 20140628
私がいけないのですが
先日たんごをいつものように外に行きました。

たんごも満足した様ですし家に入ろうとしました
ところが私が玄関を開けるのにモタついてしまいダッコが不安定になりたんごの後ろ足で左手親指の付け根辺りをガリッと・・・爪が~。

平気 平気~~~
びっくりする様な大きな傷になったわけでもなく、この程度なら庭仕事をしてバラの棘などでしょっちゅうです~


ところが・・
すぐに傷口を消毒をしていれば良かった~~
油断大敵~~後悔先に立たず~!であります~

夜になりますと痛みと腫れが出てきました 更に熱っぽくも。
そして昨日探してもらった外科の病院へ行って来ました~~


・・余談ですが  果たして何科のお医者さんへ行けば良いのかしら??と少々迷いました~
同じ状態の方が皮膚科へ~という情報が有ったそうですがヤッパリ怪我なので外科だろうということで外科のお医者さんへ行きました。
もしかしたら獣医さん??とも頭を過りましたが外科のお医者さんで正しかった様です。

血液検査の結果待ちでハッキリしたことはわかりませんが
何らかのバイキンが入ってしまった事は確かです。

それがナニ由来の菌なのか・・
もしかしますと猫ひっかき病の可能性も考えられると先生は仰っていました。

この”猫ひっかき病”はノミ→ネコ→ヒトという経路で感染するとの事ですが
たんごの場合は家猫ですし、外を自由に歩かせる事もなく、蚤の駆除も定期的にキッチリ行っていますのでどうでしょうかね~違うと良いのですが・・。

この猫ひっかき病とは凶暴で”すぐに人をひっかく様になってしまった猫”の事を言うのではなく、ひっ搔かれた”人が発病した状態”を言います。

一夜明けて痛みは有るものの昨日と比べますと大分楽になりましたがしばらく針が持てそうに有りません~~

今日もこれからお医者さんへ行って来ます~。



右手は何とも有りませんのでお花の写真を撮ってみました~~

フウセンカズラ
    フウセンカズラ 20140628

ブーゲンビリア
    ブーゲンビリア 20140628

カサブランカ 今年はちょっと状態が悪いかなぁ~~?
    カサブランカ 20140628

ランキングに参加していますclickしていただけますと幸いです
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ   banner.png
       ありがとうございました。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。