スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

完成!Xmasのミニ巾着(緑)&Gatto libero

こんにちは~文句なしの晴天~~

こんな日のたんごは朝早くから「お外に行こうよ~!」とウルサイくらい・・。
連れて行ってあげたいのはヤマヤマですが私にだって色々と済ませたい用事が有るのです~。

一段落しましたので「たんご~!」と呼んでもウンともスンとも・・・

探してみますと私のベッドで・・しかも一番フワフワな場所で丸まっていました~
「お待たせ~お外行くよ~」・・

ところがもいいのだそうです~
薄目でチラッとコチラを見ましたが丸まり直して寝る体制に~
たんご寝 20141121
たんごの言うことばかり聞いてられないのよ~!
ワガママに育ててしまいました(笑)
暗くなるまで気持ちよく眠るつもりなのでしょう~たんごは幸せね~。

散歩に出ますと生まれて間もない子猫をはじめ何匹ものノラちゃんと出会います。
この時期はいつも寒い夜はどうしてるの?と心配になります。

野良ちゃんと言えばこんなお話が・・
「人に飼育されていないネコを日本では野良ネコと呼びますが
イタリアでは、”自由ネコGatto libero(ガット・リベロ)”と呼ぶ」のだそうです!~。

イタリア語では「野良猫」と言う言葉がないのだそうで他にも
街にくらす猫は「自由猫=ガット・リベロ」または「町の猫=ガット・デル・パエーゼ」「広場の猫=ガット・デッラ・ピアッツァ」なんて呼ばれているそうです。

日本ですと飼い猫、ウチ猫、通い猫、そして外猫、野良猫
この外猫、野良猫という呼び方にはその立ち位置の区別を感じますがイタリアでは違う様です。

「猫はいたいからそこにいるのだ」という猫の自由な意志を尊重しているのだそうです。
イタリアではネコの「権利」が認められていると言うのです。

ではそのネコの権利とは何でしょうか?
 「それは生まれた場所で暮らす権利だ。」だそうです。

ウム~イタリアには成熟した社会と文化があるのね~とウナってしまいました~。



完成!Xmasのミニ巾着
完成ミニ巾着20141121


飾りました~
Xmas20141121.jpg

ランキングに参加していますclickしていただけますと幸いです
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ   banner.png
       ありがとうございました。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。