スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コットちゃんサンタからお礼が届いた!?

今ちょうど完成しましたコットちゃん(くん)と写っていますのは、

きっとコットちゃんからの一足早いXmasプレゼント。

           間違いありません!

    ・・・・・・・・・・・


今日は朝からうれしいことがありました。

開館記念展Ⅰ 横尾忠則展 反反復復反復」招待券が届きました

よく
宝くじは「買わなきゃ当たらないよ」とか景品だって「応募しなければあたらないでしょ!」なんて耳にします。

まさにその通り!!

当たるときには当たる!!のです。


当たり

私はこれまで、宝くじを買ったり、何かに応募するなんて事はあまりして来ませんでした。

宝くじこそ高額当選なんてことはマルでなかったですが、そういえばとアレコレ思い返しますと・・・

大物こそ当たりはしませんでしたが、小物は幾つか手にしています。


その中でイロイロな意味で嬉しかった景品がありました。(いまこの記事を書きながら思い出しましたので、写真を撮って来ます。)  
       ・・・・中断・・・・

ついでにTeaタイムにしてしまいました 


       ・・・・写真を撮って再開します・・・・
このティーカップです

TeaCup.jpg
30年は経っています だけれど侮れませんこのカップ

何度かの引越しにも耐え今日まで大切に使っています。

しまい込まずに使っています。なぜでしょう



このカップが届いたとき、早速祝杯がてらに紅茶を淹れてみました。

「ものすごくおいしいのです」

食器の持つ性能みたいなモノってあると思います。

このカップで感じるのはマズ唇に当たった時の感触が抜群に良いこと。

「古くから紅茶を愉しむ文化のある国の食器ですのでその辺に秘密があるのかしら?」なんて勝手に思っていました。

以前にコーヒーをこのカップで飲んでみましたが、予想通りダメでした 

やはりTeacupは紅茶用、コーヒーはそれ用のカップで・・・餅は餅屋でってことですね。



このカップを頂いてしばらく経ったある日。

横浜に住んでいました当時、ウインドウショッピングといえば高島屋へ。(まだ東口のそごうもない頃)

当時の私には(いまでも)高嶺の花でした舶来食器売り場を眺め歩いていますと、”見覚えのある食器”が目に入りました。このカップでした。

いくら位するのかしらと気にはなっていましたが・・・・

早速値段をチェックしますと確か・・・?

ちょっと金額を書くのはイヤラシイです。気が引けますが思い切って書きますと

一客¥3500-

二客ですので¥7000-。

当時の¥7000-といえば、それはそれは大金でしたので、

とても良いモノをいただいたんだなーと改めて感謝しました。



その後このカップで頂く紅茶がさらに美味しくなったのは言うまでもありません 


 


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。