スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

辛いのですがご報告させていただきます

          げんき131001

近頃あまり調子が良くない様子でしたので獣医さん通いをしていました愛するげんきの事です。
先ほどいつもの獣医さんにご紹介いただいた先生の診察を受けてきました。
画像は今夜もいつもと変わらないつぶらな瞳のげんきなのですが、血液検査をしていただいた結果、状態が非常に悪くあまり手立てがないとの事でした。

「血液の成分から判断するとフラフラのはずでいつもの通りの生活が出来ているのが不思議」とまで言われてしまいました。

一つの手段としまして”元気な猫ちゃんからの輸血をする”という方法が有り、それを明日受けに行きます。
これも完全にげんきの状態を改善してくれるとも限らない様です。
先生がお話してくださった内容は結論としまして愛しいげんきと過ごせます時間は非常に短いという事になります。

しばらくは大好きなパッチワークも手に付かない毎日になることでしょう。自分の事ですのでよく分かります。

このブログでイロイロご報告出来れば良いのですが今後書いて行く自信が全く有りません。
もし仮にげんきが亡くなってから皆様へご報告と今回のようなご挨拶の文章を私は書けるのかしらと想像致しますと・・答えは分かります きっとしばらくは書けないと思います。
そこでまだ私にとりましてダメージの少ない今夜のうちに書かせていただきました。


実を申しますとげんきには”ある意味”を持たせて我が家の一員になった事も辛さの要因となっています。
”ある意味”というのは私の主人が亡くなって間もなくの頃に偶然に立ち寄りました横浜の某ショップで出会って「この子だ!」と感じそのまま連れて帰りました。
それはげんきが主人が亡くなった同じ年、同じ月に生まれたと子猫ですと紹介のプレートに書かれておりました。
きっと亡くなった主人の生まれ変わり! などと勝手な意味を持たせてしまいました。

他の猫たちとは連む事はなくいつも人の傍で一日を過ごすのが日常でした彼。
まだ信じられませんが、そのげんきの小さな命が今終わろうとしています。


こうしています今もいつもの夜と何ら変わらぬげんきなのですが・・
先生のお見立て違いって事はないでしょうかねぇ~~


残されている時間がどの位あるのか分かりませんがその時が来ますまではげんきとの濃密な時間を送りたいと考えています。

そこでいつの日になるか分かりませんが私が立ち直り、今までの様に針を持つ日が来ますまでブログの更新をお休みさせていただきたく思います。

この様な拙いブログにも拘らず同じ趣味を持たれています皆さまをはじめ、毎日大勢の皆様がお立ち寄り下さって、それはそれは励みになりました。コメントを下さった皆様にもとても感謝しております。(ふらっとお邪魔するかも知れません その時はヨロシクね!)
恐縮ですがこの場をお借りいたしましてお礼申し上げます ありがとうございました。

                                ではまたお会いする日まで。




最後に・・
以前息子に「猫たちと1分間だけ会話が出来るとしたら何を話す?」と聞かれた事があります。
今こそ その魔法が使えたらと思います。



ランキングに参加していますclickしていただけますと幸いです
                  ブログランキング・にほんブログ村へ
                   ありがとうございました。









(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • カテゴリー
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。