スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

げんきが元気に・・私は(〃uдu)-зホッ。

こんにちは~~一週間のご無沙汰です~~♪

我が家の愛猫のげんきの血液検査をしてきました。

前回の検査の時よりも、改善されているのでは??・・という期待を持ち出かけました。
げんきの様子からも私にはその様に感じていました。
今回はやや楽な気持ちで診察室へ呼ばれるのを待ちました。

そして結果は・・
改善が僅かな項目、前回よりもかなり良い数値になった項目もありました。
結果は、ドバッと合格点まで数値が改善されてはいません。
ですが幸い悪い方へ振れた項目は一つも有りませんでした。
一週間前に受けました血液検査で悪かった項目のすべてが多少なりとも良い数値へ向かっていました (〃uдu)-зホッ。


これが嬉しかった~~~!
通院数日後に200g増えたきりなかなか増えなかった体重が100gアップ
最初の200gはヒドイ脱水症状でしたので点滴とフードで改善された為の水分の重さとの事でしたが今回の100gは身体に付いた増加分(お肉)だそうです。
私の目にもげんきがひと回り大きくなった様にみえていました。
先生「この半月で体重が300gも増えています~~素晴らしい事だと思います~~」

当初は「体重を増やして行くのはナカナカ難しいですよ~」と言われていましたので体重が増えてくれた事はヾ(嬉'v`嬉)ノ ウレシイ+.。

先生「人間でも同じですが元の通りの腎臓には戻りません。だだし血液検査の数値などは更に改善される事が期待できます! あの最初に診た時の状態から約半月の治療でこんなに回復することは考えられない事です  身体の力も凄くありますし・・・(身体が小さなげんきにスタッフさんが二人がかりで押さえてもらわないとならない位のパワーなのです)
ん~~まぁ~げんきちゃんはスゴイ根性の持ち主ですねぇ~笑」と仰っていました。

先生「あと、それから~~3nekomamaさん(仮名)とご家族も少しリラックスされても良い時期に来たと思います~」とも仰っていただけました。

先生には聴こえない私の心の声・・「私たちの目には既に、げんきが日常を取り戻しつつある事がよ~~くわかっていました。
眼の光を失わず更に強くなってきたこと、それから”我”が出て来たからでしょうか?? あの懐かしい生意気!な感じが日に日に復活して来ていましたので・・ 笑。」

通院はまだ続きますが、やがて回数が減り、月に一度の定期健診でいいですよ~と仰っていただけるように願っております。

約半月前は「いつお別れする事になっても不思議ではない」なんていう診断に物凄く動揺してしまいましたが、先生、スタッフさんそして応援して下さった皆様・・ありがとうございました。
おかげ様で”げんき”は”元気”を取り戻してくれたようです。
食欲も更に増して昨日はげんきの念願だったドライフードも許可されて、処方されたフードをカリカリと良い音をさせて食べています。
         131020 (1)





今回の検査結果と先生のお言葉に今日は少しだけホッとし、久しぶりに針を持ってみました~~
ハギレのひざ掛け~~時間ばかりが過ぎてしまいましたが完成を目指します~~~。

         ひざ掛け再開
バタバタと日が経ちますと11月~~カウントダウン開始です。
楽しい時期が間もなく参ります~~クリスマス
げんきが調子が悪いですし、今シーズンはパスしなければならないかしら??と思っていました。

げんきは大きな山を越えてくれました おかげ様で私もやっと心に余裕も・・・。
クリスマス製作はナニにしようかしらとアレコレ考えられる様になりました。

今後ともよろしくお願いします  楽しみましょう~~~~♪。


ランキングに参加していますclickしていただけますと幸いです
                  ブログランキング・にほんブログ村へ
                   ありがとうございました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんばんは♪
良かったですね~~
獣医さんの言葉を聞いて
本当にホッとしたことと思います
けんきくんの体重がこのまま増えていくといいですね!
腎臓を悪くするネコちゃんは多いようですね
うちも気をつけないとなぁ…
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
しずくさんへ
こんにちは♪
ご心配をおかけしました。
も~ホントにどうなるかと思いました。

高齢の猫ちゃんですと体力的にも厳しいようです。
げんきは7歳になったばかりというまだ若さがあるうちに気が付いたのも良かったのかも知れません。
食欲が落ちなかった事に見られますように生命力の強さや先生も仰っていましたが「ボクはまけないぞ!!」という”スゴイ根性の持ち主”だった事が幸いしたようです。
ですが、完治したワケでは有りませんので、注意深く付き合って行きます。

>腎臓を悪くするネコちゃんは多いようですね
多いようですね~~げんきの他にも何猫?も同じ症状で通院しているそうです。

げんきはお口のトラブルで定期的に獣医さんに通っていましたので安心していました。
もしかしたらそこに”油断”があったのかも知れません。
以前にお世話になっていた先生を批判するつもりは決して有りませんが・・今お世話になっている先生のようにしっかりと対応してくださる先生がいらっしゃる事もまた事実ですので・・。

私たちも何処か悪くなってからお医者さんへ・・となりますが、
    猫たちが元気なときにも十分な注意をしてあげたいものすネ!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。