スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

晴天の京都二日目「猫寺」と「渉成園」編

こんにちは~
昨夜一泊二日の京都旅行からもどりました~~
お天気はバッチリでしたが爽やかというよりも既に夏の陽射しがジリジリ~!

日傘をさしていましたが照り返しでやけたのでしょうか、
顔は火照るし突っ張る感じも・・・。



京都二日目の昨日は『源氏物語』のゆかりの地なんて紹介されています「渉成園」(しょうせいえん)枳殻邸へ行って来ました~(正確には”連れられて”ですが..笑)
  渉成園 20140408 門


京都駅から歩いて行ける近さにも関わらず初めて伺いました。
駅前はそれぞれの目的地へ向かう皆さんでごった返して居ましたのできっと「渉成園」も大混雑ではなかろうか??と想像して入園しました。

ところがゆっくりスケッチされているご婦人や数組の方だけ~
広いお庭をゆっくり散策できました。

「渉成園」はなが~~い歴史の有るお庭ですのでそれはそれは見事なお庭~それぞれの樹木が立派なこと。

渉成園でも写真をイッパイ撮りました

臨池亭(りんちてい)辺り
  渉成園 臨池亭 20140508


傍花閣( ぼうかかく)
  渉成園 傍花閣 ぼうかかく 20150508 (3)

何往復も渡らせていただきました  NGじゃないのですよ~~
  渉成園 傍花閣 ぼうかかく 20150508 (2)

池のほとりににしゃがみますと大きな鯉がウジャウジャ集まって来ました~
鯉に大人気の3neko親子~(笑)
夢に出てきそう~~
    渉成園 傍花閣 ぼうかかく 20150508

こちらも渡らせていただけます
回棹廊(かいとうろう)
  渉成園 回棹廊 20140508

スケッチされているご婦人と 偶仙楼(ぐうせんろう)
    渉成園 偶仙楼ぐうせんろう 20140508

門を入りすぐ左にあります
  渉成園 木 20140508 (4)

そこから10歩ほどの場所に
  渉成園 木 20140508 (2)


    渉成園 木 20140508


    渉成園 木 20140508 (3)


次は「烏丸七条からバスに乗るよ~」と息子
もしかしたら今日のメインかもね~ってことでした


バスに乗りまして どうでしょう??30分位乗ったでしょうか?・・
下車して目的地へトコトコ~~


ココここ!!と息子

一つ問題が~~

それは門の脇にありました
京都 猫寺 2014

御用の方はインターフォンで・・と有りましたので早速息子がご連絡申しあげますとまもなく出てきて下さり・・

「昨年12月に可愛がっていた猫を亡くしまして・・今は2匹居ります~・・今日はお守りと何枚か写真を撮らせていただきたいのです」とその旨を息子がお伝えしますと・・
「写真は何処を撮りたいのでしょう??インターネットに・・??」と仰っていました。

どうやらお寺さんとしましてはどこでも好き勝手に撮影してネットにアップする方が後を絶たず迷惑されていて
しかもそんな画像が沢山ネットに上がっていることを憂慮されているご様子でした。

息子「そうなのですか~~では写真撮影はしないでお守りをいただいて帰ることにします~ お守りの画像だけ使わせていただきますね~」とお断りし、了解していただきました~~

とても可愛い お守り~
    京都 猫寺 2014 (2)


この後は「京都水族館」へ行きました~~次回にご紹介させて下さいマセ~
イルカのショーが楽しかったわ~~!


ランキングに参加していますclickしていただけますと幸いです
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ   banner.png
ありがとうございました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんばんは~
こんばんは~
渉成園は緑が濃いですね~
私も今度行ってみます~。

猫寺があるのですね~
この時代ですからイロイロ難しいですね~。
ロンサムCatさんへ
ロンサムCatさん こんばんは~v-280
一泊二日でしたが良い旅行でした~。
渉成園は京都駅から近いですので是非是非~!

参拝客が増えるとお寺の運営的にも良さそうなのに~・・と思うのですが、何か他の理由が有るのかもしれませんね~。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。